食事していたら歯が抜けた。

先日食事をしていたら詰めていた歯が抜けてしまい慌てて歯医者に行くことにしたんです。ちょっとビックリしたんで抜けたところが痛まないか心配でしたが神経も抜いていたのを忘れていたので歯医者でそれを聞かされてホッとしました。それからはまた歯医者暮らしが始まるのかあっていう気持ちが正直なところで今回はいつまで通わなきゃいけないのかとダルさも覚えてしまいます。基本的にはあまり歯医者が好きではない私なのであまり長く続けられると気が滅入ってしまい途中から通いたくない病に掛かってしまいます。
下北沢の歯医者
それでなくとも歯医者というところは少しやっては今度、少し見ては今度と何だか状況は進んでいるのか?と感じるほどのマイペースさなので疲れてしまいます。ですが何かで読んだことがあるんですけど歯医者はゆっくりしないといけない理由があるようです。今一つ思い出せないのですが、まあこれを機にしっかりと治してもう二度と歯医者通いをしないようにしたいです。

心理カウンセリングの真の目的と皆の勘違いしている部分

私もそうでしたが、心理カウンセリングに対するイメージからなのか皆勘違いしていると思います。
何故ならば、カウンセリングは話を聞いてくれるのみで答えを先生が教えてくれるものではないからです。
カウンセリングは、問診とは違い、カウンセリングの先生が一緒に考えてくれるものの答えは自分で導ける様に手助けをしてくれる事を仕事としています。
よって、解答をカウンセリングに求めるのは間違いと言うものです。
ただ、誰かに話を聞いて貰うと気持ちが楽になり、ストレスを軽減すると言う事がありますが、それもカウンセリングの役目です。
また、何かしらの障害により上手くコミュニケーションが取れない人のリハビリも兼ねていると言う話を聞きました。
案外、身内に話せない事でも他人ならば話せると言う事も結構あります。
自分の事を知る知人は、本人贔屓な事を言う人も多いけれど、カウンセリングの先生は客観的に物事を捉え、あくまで自分の考えで物事を進め様とせず、本人に答えを出させ様とします。
それが心理カウンセリングと言うものです。
「答えは常に自分の中にある」と言う名言がありますが、カウンセリングの真の目的は本人自身の常にあると言う答えを引き出す事なのです。
故に、解答を教えてくれると勘違いしてはいけません。
ただ、カウンセリングは心療内科や精神科の一部です。
なので、担当医の先生と情報を共有しています。
また、始めて訪れた精神科専門の病院では予診を受けるはずですが、カウンセリングはその予診の延長とも言えるかもしれません。
つまりカウンセリングとは、補助的な事を主な目的としています。

カウンセリングのおかげで成長しました。

私は一時期心の病気にかかっていました。自分が悩みを抱えているという事は自覚していたのですが、何に対して悩んでいたのかが全く検討が付きませんでした。私の異変に気づいた友人の勧めで心理カウンセリングを受ける事になり、早速近くの病院に予約を取りました。正直に言えば、人に話して何かが変わるとは全く思っていませんでしたし、初対面なのに話せるのかと不安でいっぱいでした。
名前を呼ばれ実際にカウンセリング室に入ると、優しそうな女性の先生が私服で椅子に座っていらっしゃいました。勝手に想像していた堅苦しいイメージとは全く違い、お茶会をしているようなフレンドリーな空間でした。私は「何かに悩んでいるのですが、自分では分かりません」と正直に言うと、幾つかの質問をされました。普通のお喋りも交えながら質問を繰り返す中で何かが分かりそうな感覚になりました。
そして何度か通い、だんだんと何に対し悩んでいたのかがはっきりしていきました。実際に悩みがはっきりした後は、先生が対処法等を丁寧に提案して下さり、焦る事無く自分と向き合うことが出来ました。あの時疑いながらもカウンセラーの先生の元へ行って良かったと今では思います。

今でも悩みはありますが、当時の経験を活かし冷静に対処できるように成長しました。 

心理カウンセリングって具体的にどんな内容?

実際に行わる心理カウンセリングの内容について説明します。
心理カウンセリングには保険適用のものと保険適用外のものがあります。保険適用外の心理カウンセリングで行われるのは認知行動療法といううつや不安障害の治療の一環となるものです。これは、病気をもとに現実に対する認知がゆがんでしまっている患者に適切な助言をすることにより、認知のゆがみを正し治療へと導くものです。認知のゆがみを正すのは患者自身ですから、カウンセラーの仕事は患者自身がよりよい状況になるよう自分で認知のゆがみを正す過程を手助けすることになります。

保険外で行われるカウンセリングは、病気を原因とするものではない広い意味での悩み相談になります。カウンセラーの主な仕事はカウンセリングを受ける人の話を聞き、自分で悩みを解決するいとぐちを見つけるための助言をすることです。悩み相談と言えば手軽なのは占いですが、占いのように事実を一足飛びにした答えは得られないので簡単ではありません。けれど、悩みを話すだけでも意外と悩みが解消したり、気が楽になったりするものです。
千葉県カウンセリング
また、未成年の場合は、スクールカウンセラーやひきこもり支援相談士など、ある程度特化した内容の相談に乗ってくれるカウンセラーがいます。スクールカウンセラーは、学校にいつもいるのではなく、週に何回かカウンセリングのために来ることが多いようです。

心理カウンセリングは企業と働く人の支えとなる

心理カウンセリングは、人の悩みを改善するための良いアドバイスをおこなうことができるのが素敵です。なかなか普通の人が聞いてはアドバイスしようと思っても、なかなか良いアドバイスは思いつきません。ところが、この心理カウンセリングができるカウンセラーは、その人の悩みをしっかりと聞くことができ、それに適したアドバイスができるのです。

どのようにアドバイスをすればそれがストレスとならないか、悩みを解消しては前向きに人生を送ることができるかをアドバイスすることができるのですから、実に頼もしい限りです。
柏 カウンセリング
松戸 カウンセリング
心理カウンセリングを受けた人は、誰にも言えない悩みというものを言うことができ、気分が楽になります。気分が楽になることで、よりその人も前向きに生きることができ、人生を楽しくできることにも繋がります。

心理カウンセリングというものは、心を治療するのが目的です。メスや薬などを用いては治療しませんが、言葉でその人を丁寧に診察し、治療していくことができるのも魅力的です。

企業で働く人の精神的な疲れや悩みを解消してあげれば、ますます活気溢れる仕事ができるようになり、その企業に貢献できる人材になることもできます。心理カウンセリングのカウンセラーは、実に企業にも、そこで働く人の支えとなる職業です。

心理カウンセリングを行うのに必要なこと

心理カウンセラーは心を患っている人の症状を軽減する職業です。この職業に就くにあたって、医師免許のような必須の資格は存在しません。多くの場合は大学に進学して、心理学部を卒業して、学士を取得することが資格の代わりになります。もちろん、メンタルヘルス系の民間資格は数種類存在しますが、それは心理カウンセリングを行うための免許ではありません。資格を取得していなくても、心理カウンセラーを名乗ることはできます。ただし、悩みの相談に来る人に安心感を与えるためにも、メンタルヘルス系の資格を取得しておいた方が良いです。もちろん、資格取得の勉強を行うことによって、カウンセリングに必要な知識を増強することもできます。しかし、最も重要になのは資格ではなく、カウンセラーとしてのスキルを実際に有しているかどうかです。スキルを取得するにはまず、大きなメンタルクリニックに一旦就職し、カウンセラーのサポートとしての実績を積むのが良いでしょう。

柏 カウンセリング

そこで、毎日精神を患っている人達と接することができるため、実践的な経験を積むことができます。もし、心理カウンセラーとして開業する場合は、その時の経験が集客の方法を考えるのに役立ちます。

心理カウンセラーに必要なもの

私は以前、心理カウンセラーにお世話になっていたことがあります。

その時にカウンセラーは本当に大変な仕事だと思いました。

心理カウンセラーに必要なものはたくさんあると思いますが一番大切なのは聞く技術だと思います。

世の中には聞き上手な人がたくさんいますが、それは一般的な会話でのことです。

心理カウンセラーの場合は普段人には話さない、自分の深い部分のことをうまく聞きださなければ

なりません。

私のお世話になった心理カウンセラーはそういう点では、今まで出会ったどの人よりも聞き上手で話しやすい人でした。

話し方がやわらかく、雰囲気もおだやかで、話しているとだんだんと安心して、心を開いてしまうような人でした。

ただ話しやすいだけでもいけません。相手を刺激しないように、実のある会話を引き出さないといけないのです。

千葉県 カウンセリング

私のような普通の人は、相手を理解するために何回も何十回も会話し、やっとその人の性格や人柄を少しだけ理解することができます。

心理カウンセラーの場合はそれを一、二回の会話でこなさなければなりません。

そのためには相当、いろいろな人の考えや性格を理解していないといけませんし、なにより経験が

必要だと思います。

カウンセリングは聞くことから始まると思いますし、それが一番大事だと思います。

いかに短い時間で、相手を刺激しないで、実のある会話を引き出すか。それがカウンセラーに最も求められるものだと思います。

私のカウンセリング経験について

私には精神疾患があり、定期的に診療内科に通院しているのですが、ごくたまにカウンセリングを受けることがあります。これは心療内科の医師から受けるように助言されて受けることになります。受けるタイミングとしてはある特定の悩みが自分の中に生じてしまった場合や、自分の生活リズムが著しく損なわれてしまった場合などが挙げられます。

カウンセラーは心療内科と同じ医療法人に所属するカウンセラーで、受ける場所も心療内科と同じ建物内で行われます。さてカウンセリングの内容ですが、私の場合やはりその時点における自分自身の問題点が中心となります。さらに、その問題点の原因と考えられる事柄やその問題点に派生する事柄などもカウンセリングの内容となります。

千葉県のカウンセリング Maple

具体的には、自分がいつからそのような状態に陥ったか、その時陥っている状態の詳細、背景として自分の置かれている環境(家族構成、家計に関すること、健康状態…)などとなります。カウンセラーと話していて感じることは、(このカウンセラーとずっと話していたいなぁ)、(このカウンセラーはたまに自分を不愉快にさせるなぁ)、(話の論点がずれているなぁ)など各カウンセラーによって多種多様です。
ただ、やはりカウンセラーもその仕事をしているだけのことはあり、カウンセリング中は好印象なことが多いです。